音楽企画事務所 office

News

2024年、新年の始まりです。

元旦から思いもよらぬことがたくさん起こり、心から「新年おめでとうございます」と言う言葉が出てきません。

被災された方々にはなんと申し上げてよいか、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、早く暖かく暮らせるようになることを遠くから祈ります。

さて、我々「音心」も年末から新年にかけて、目まぐるしく環境がかわりまだまだなれない状況が続いています。

でも、2月にはいろいろ演奏の機会を頂き、しっかり作戦を練ろうと思っています。

また詳細、予定など確定しましたら、お知らせいたします。

2024年1月、気持ちを新たにまた1年皆様に演奏をお届けできるよう励みますので、どこかで聴いて頂けたら嬉しいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


今日から11月のスタートです。

先日、玄関を出たところでジョウビタキさんと遭遇し、最近鳴き声をよく聞くようになったと思っていました。昨年のジョウビタキさんが戻ってきてくれたと信じているのですが、どうかな?

さて、今年のラストスパートに入り、音心も演奏予定がたくさんです。

先日豊田で久しぶりのコンサートに相方が出演したとき、10年前にご縁のあった方が会いに来てくださったり、伊豆で聴いてずっと覚えてるよ、と声をかけてくださる方がいたり、これまで演奏してきた歴史を感じると共に、いろんなご縁に本当に恵まれてきたと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そんな気持ちを忘れずに、今月後半には関西方面にでかけます。

まず、11月25日に神戸舞子で夜のライブ。こちらは2時間(休憩あり)しっかりオリジナル曲を聴いて頂きます。

場所は舞子のこずみっくさん。オカリナのえんじろうのオリジナル曲をyoutubeで吹いて下さっているYuki萌音さんにいろいろご縁を繋いで頂きました。

今からお邪魔するのがとっても楽しみです。

そして翌日、11月26日は今回3度目になります京都大原野の啄木舎さん。

こちらは9月1日、一般社団法人プリマヴェーラ大原野としてスタートされ、その音楽サロン新啄木舎となった、場所もこれまでとは違うところです。

オーナーの谷口さんはチェンバロを作られる方で、今回も自作のチェンバロを弾かせて頂けるのがとっても楽しみです。場所が変われば響きも変わりますから。

日頃お邪魔できない関西の皆様にお目にかかれる貴重な機会。

是非、足をお運び頂けると嬉しいです。

そして、今日11月1日は恒例の浜松市南区のまんまカフェ・グースさんでHummingComingライブです。当日お越しになっても大丈夫です。

来週11月8日は、豊橋二川商家駒屋さんでもHummingComingライブがあります。

こちらもお席にもう少し余裕があります。ご予約、おまちしています。

ご連絡は、090-1756-0705、私が対応させていただきます。



暑い夏から少しずつ秋の風を感じるようになりました。

相変わらずの、のんびり更新ですが今回はお知らせがたくさんです。

10月に入ると、まず始めは毎月定例の「まんまカフェ グース」さんでの「Humming Coming」です。こちらは1年以上毎月続けて来て、新しいレパートリーも増えました。

そして次に、10月8日日曜日。

この日は、少し前にご縁を頂いた西尾市の市民音楽祭に少し出演させて頂きます。

ご縁を繋げてくださったのは、「なみの音の学校」を主宰されている方。

今回も「なみの音の学校」さんの持ち時間に2曲演奏してきます。

そして、なんとその後豊田市にワープ。

夕方から行われる「被爆ピアノ平和コンサート」にも出演します。

広島から被爆ピアノを自前のトラックに積んで、全国を回られている調律師の矢川さん。

知り合ったのは数年前。今回のコンサートで、被爆ピアノを弾かせていただくのは3回目。

やはり、鍵盤にふれるといろんな感情が沸き上がってきます。

オカリナの音色と重なることで、ピアノの想いが皆様にも届くかもしれません。

そして、10月18日は西尾で3回目の「Humming Coming」in きーずハウス。

こちらは、本当に居心地の良い空間で素敵なピアノを弾かせて頂きます。

オーナーのお人柄からお客様も暖かい方ばかり。

リクエストに答えつつ、オリジナルも披露していきます。

芸術の秋と言うには少し早い10月ですが、お時間ご都合が合いましたら、どこかでお目にかかれると幸せです。